スポンサーリンク

決め手はコレ!私たち夫婦がネコを選ぶまでに重視した事



こんにちは。フィガロパパです。

今回は私たち夫婦がフィガロを選んだ経緯を書きたいと思います。

まずは結論から、

出会った瞬間に二人ともビビビっときたから。です。

なんか芸能人が結婚相手と出会った時の感想で良く聞くやつですよね笑

どんな猫を探していたか

私たち夫婦が猫を飼いたいと思って探していたのは、マンチカン、スコティッシュフォールド、アメリカンショートヘアで折れ耳で茶色っぽくて、短足で、短毛で・・・。こんな感じで漠然と考えてはいました。

みなさんも経験があると思いますが、ペットショップの猫ちゃんてみんな子猫なんですよ。

可愛く無いわけ無いですよね。

そこから選ぶのってなんか基準があった方がいいのかなって思いませんか?

でも基準て無いんです。

ビビビってくる猫ちゃんに出会える努力をするしか無いんです

ペットショップは回れるだけ回ろう

これが全て

と言っていも過言じゃ無いです。

私たちも当時横浜に住んでいたのでペットショップはかなりの数回りました。

猫の多いお店、近いところ、遠いところ、多分10店舗ぐらいは回ったと思います。

それでフィガロはどこにいたかって言うと、埼玉の実家近くのペットショップなんです。偶然寄った時に出会ってしまったのです。

出会った瞬間二人とも虜になってしまって、翌日にはお迎えしていました。

ちなみにフィガロですが、スコティッシュフォールド、グレーで立ち耳、長毛種、足長です。ほぼ全て最初の基準から外れているのだからビビビっの威力はすごい。

店員さんと会話してみる

これも大事です。

猫種の特徴を知っている事は当たり前ですよね。

(販売に関してはちょっと辛口になっちゃいます。私もスポーツショップで働いているので。)

私たちがいくつかの店舗を回る中で唯一、一箇所私たちを満足させてくれる接客をしてくれたお兄さんがいたんです。

それはそこのペットショップでどんな子を基準に選んで扱っているかって事でした。

抱っこしたときのずっしり感。変な表現だけど、中身がスカスカしていないか。とか。本とかでは書いてないようなことを教えてくれました。

すごく安心して選べる気がしました。

とても残念だったのはそこにはビビビッってくる子がいなかった事。もし仮にいたら即決していたレベルです。

ただ、それ以外のお店は

「可愛いですよね。良かったら抱っこしてみますか?最近来たばかりなんですよ」

ってカーボンコピーの接客。

そりゃ子猫なんだからそーだろうよ。あーひねくれた性格がバレる

でも、これが現実です。

洋服見たいな、接客ではダメ。

命を販売している方にはぜひ、次のご家族に合っている子なのかカウンセリングできて欲しい。今扱っている子たちを幸せにして下さい。って思っていたら、違う声かけになると思う。

頭の片隅に入れてペットショップを回って見てください。

命の値段

あと、いくつかの店舗を回っていくうちに気がつくと思いますが、同じスコやマンチカンなのに店舗によって値段が全然違うんです。

こればかりは購入する方の納得できる値段であれば良いと思います。

本当にピンキリなんで。

余談ですがフィガロは当時ハロウィーン価格になっていました。

命のハロウィーン価格って 苦笑

ハロウィーン価格になってなくもお迎えしていたよ!

まとめ

みんなにビビビって出会ってほしい。

今回ペットショップのことをいっぱい書きました。

いろいろな猫ちゃんとの出会い方があると思いますが、ペットショップはその一つです。

偉そうな事ばかり書いていますが、大事なのは外見だけじゃなく、その猫ちゃんとしっかり家族になれるかどうかだと思います。

猫のいるハッピーな生活を過ごしてください。

 

次回はフィガロをお迎えした時に一緒に揃えた猫ちゃんグッズとあったら良いものを紹介します。

↓小さい時からヒモが大好きなフィガロ

 

 

 

コメント