スポンサーリンク

浦和美園・東川口に引越した理由はこれだ!



こんにちは。フィガロパパです。

今回は我が街である、浦和美園・東川口に移り住んだポイントをまとめたいと思います。

今年の春の人事ではコロナの影響もあり、転居を伴う異動を実施しない会社が多いと聞いています。

それでも埼玉・東京に転勤れるも方もいらっしゃると思いますので、私の住んでいる街がなぜおすすめなのかを書きたいと思います。

↑汚い手書きで笑えますが、要点は絞ってます。

普通に路線図見ると逆に混乱します。

赤い★がマイタウンです。

メリット

家賃相場が低い

川を渡ると家賃が安くなる説の象徴的な場所

巷では埼玉県川口市が人気だそうですが、確かに東京都と隣接していて、ベットタウンとしてはおすすめですね。

私の住んでいる浦和美園・東川口も東京に勤めている方が多いです。

自然豊かである

浦和美園は素晴らしい風景の広がる見沼田んぼが近く、とても自然が豊かなんです。

ネット上ではもともと沼地が多かったこともあり、土壌は少し不安との書き込みもありますが、マンションがいくつも建つほどなのでそこまで心配なさらなくても大丈夫かと思います。

乗り入れ路線が複数ある

 埼玉高速鉄道で縦の動きができる

山手線内側で働かれている方であれば一本で乗り入れできるかも

 武蔵野線で横の動きができる(JR東川口駅)

主要駅である南浦和(京浜東北線)武蔵浦和(埼京線)南越谷(東武線)に乗り入れできて、都内や埼玉の心臓である大宮に一回の乗り換えでアクセスできます。

更に武蔵野線ではディズニーリゾートのある舞浜駅まで乗り換えなしで行けます!

浦和美園駅が始発駅である(埼玉高速鉄道線)

これ重要。

延伸計画も出ていますが、まだ先の話です。

都内へゆったり座って出勤できます。

30分ぐらいで山手線圏内に入りますので、楽チン。

私の場合はスマホポチポチしたり、YouTubeとか観てます。

ニュータウンである

とにかく若い方が増えているのと、新しい学校が次々と建っています。

成長途中ですので、土地もあるし、どんどん魅力的な街になっていきます。

公園が多い

私も引っ越してきてから、驚いています。

なぜかというと少し歩けば色々な公園があるからです。

しかも結構大きいやつ。

さいたま市、川口市、越谷市、草加市の境目に位置しておりお互い公園を作りあった結果であると思います。

そして、浦和美園はニュータウンなので最初から区画整備された

綺麗な街並みになっています。

子供が多い

ニュータウンであるからして、必然。

新しい小学校や中学校が次々できている。

かなり近代的な校舎でかっこいいです。

保育園や幼稚園も多いです。

イオンモールがある

これってあると便利ですよね。

私も転勤先が地方のことが多く、毎週行ってました。そして今も行ってます。

ワンストップショッピングは家族に優しいですよね。

あとで書きますが、その反面お洒落なカフェや、雑貨屋さんが駅周辺にできないとも言えます。

高速道路の乗り口が近い

東北自動車道、首都高、外環自動車道の乗り口が近く、車での移動も楽です。

ちなみに私の勤め先は横浜市港北区なんですけど、電車だと2時間。車だと夜の首都高使えば1時間ほどで着くほどです。

下道の方が疲れたりしますから、その距離が無い分楽です。

ちなみに駐車場代ですが前に住んでいた横浜市港北区14,000円、さいたま市緑区7,000円です。どちらも屋根なし、砂利です。

河川敷が整備されている

浦和美園と東川口間の綾瀬川河川敷が整備されており

ウォーキングやランニングに最適

今は菜の花ロードになっています。

デメリット

お洒落なカフェや雑貨屋さんが少ない

上でも書きましたが、イオンモールがあることがこの要因かと思います。

仕方ないですよね。。でも欲しいんですよ。

強いて言えばこのぐらいでしょう。

まとめ

良かったら一度下見に来てみてください。

埼玉スタジアム2002の最寄り駅でもあるので、こちらにいらっしゃった時に散策してみるってのもいいかもしれません。

埼玉スタジアムも大きな公園と表現できますしね。

外周はランニングコースとかあるんですよ。

今後もこの街のおすすめスポットとかを発信していきますね。

コメント